読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operations de change de marge

FXについて書いています。

FXの口座を最初に開く場合、少々面倒に思うこと

FXの口座を最初に開く場合、少々面倒に思うこともあります。

必要事項を入力するだけならすぐ済ましてしまえるのですが、身分を証明するものを送らないといけません。

でも、近頃ではオンラインを使って、送付できるようになり運転免許証の写真を携帯で撮って、その写真を送信するだけでいいFX業者も中にはあるのです。

FX投資で収支がマイナスになり負けが続くと、そんなマイナスをちょっとでも取り返すためにどんどんお金を使ってしまうという人もたくさんおられるものです。

そうして、大損失を生む可能性さえあるので、FX口座に必要以上のお金を入れておかないように注意しましょう。

これは、口座に預金のお金も入れてしまうと、まだまだ余裕はあるなと考えてつぎ込んでしまう可能性は否定できないからなのです。

FX投資はFX業者に口座を開設して始めますから、まずはいろんなFX業者を比較してみて、自分の投資のやり方や投資額に合う会社を選択しなければなりません。

どの業者を選ぶかは利益の大小に関わってきます。

なので、軽々しく決めないでおきましょう。

最近は殆どの業者がそうですが取引手数料が無料であること、スプレッドが低くなっており、準備する資金が少なくて済むという点で最低取引単位が小さい業者は利用しやすいでしょう。

それから頻繁に使うため、意外と重要視したい取引ツールも業者ごとに違ってきますので操作性を知るためにデモ取引をしたりなど諸々試してみるとわかることも多いでしょう。

FXを始めたばかりの人は知識的にも経験的にも不利なので、損失を出すことが多いです。

FX初心者の損失を出さないためには、いつ損切りするかを決めることが重要です。

また、1回の取引に執着せず全体でプラスマイナスを決定するようにしましょう。

9回の取引で勝っても1度の大きな損失でトータルの損失を出すこともあります。

強制ロスカットというものがFXにはあります。

増えすぎた含み損が、その割合があらかじめ定められているレベル以上になるとFX業者による強制的な決済が行われるのです。

ただし、強制的なロスカットが行われる水準に近づくとそれを知らせるマージンコールが発生するので追加でFX口座に証拠金を入金することで強制ロスカットが行われることを防ぐことができます。

注意点としては、強制ロスカットの基準となる証拠金維持率というものは利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。