読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operations de change de marge

FXについて書いています。

FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカッ

FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。

決済できずに含み損を抱えているポジションがあった場合、決められていたレベルに達すると、有無を言わさずに強制的に決済されてしまうというFX会社で取引をを行う上での重要なルールです。

一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発せられて教えてくれるので口座に入金し、証拠金を追加することで不本意な強制ロスカットを回避することもできます。

また、強制ロスカットが執行される証拠金維持率は利用するFX会社ごとに異なるので注意が必要です。

FX投資をするうえでは、経済指標の発表日程は命運を分けるものですので、必ず確認しましょう。

有名な経済指標の発表と同時に、驚くぐらいに相場が変動することがありますから、油断は禁物です。

FXアプリの中でも有ると便利なのが、経済指標発表前にあると嬉しいアラート機能搭載のものもありますし、FX業者によりアラートメールが送信されるところもあるので、ベターです。

FXを始めたばかりの人は知識も経験もないので、取引で損することが多いです。

FX初心者の損失を出さないためには、損切りのポイントを設定するというのが大切です。

また、1回の取引だけに注目せずトータルで勝ったか負けたかを決めるようにしましょう。

9回の取引で勝っても1回大きく負けることで負けることもあります。

外国為替証拠金取引のための口座を開設する際に、手数料は必要なのでしょうか?結論からいうと払う必要はありません。

FX口座を開設するだけなら一切費用は発生しないので、手軽に申し込みができます。

また、口座を維持するための費用も基本的にかかりません。

口座に関する費用がいらないこともあり、少なくない数の人が複数のFX業者を利用するのでしょう。

FX投資の人気の理由の一つに24時間取引可能な点が挙げられますが、24時間のうち特に相場がよく動く時間というのはあります。

それはニューヨークとロンドンという二大市場が開いている時間で、これらの市場は世界で取引の中心ですから、目安として日本時間では午後9時頃から午前2時頃までの間は相場が動き取引が活況となりやすいです。

時間帯とは別に、経済指標の発表特にアメリカの雇用統計、各国のGDPなどの発表の後には大きな為替相場の変動があったりするので、気を付けておかなければなりません。

少なくともいくつかの重要な経済指標が発表される日がいつなのか頭に入れておくと良いでしょう。