読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operations de change de marge

FXについて書いています。

もしも年間20万円以上の利益をFX投資で得るこ

もしも年間20万円以上の利益をFX投資で得ることができたなら、確定申告を確実に行うようにするべきです。

確定申告の時、外国為替証拠金取引の際に、否応なしにかかることになる様々な費用は経費として得られた利益の分から差し引いて計算します。

それから、利益を上げられなかった場合であっても、とにかく確定申告はしておくことです。

そうすると、翌3年にわたって損失の分を繰り越していける決まりがありますから、損が出ていても先々利益を出すつもりなら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。

どの位の金額を最初に用意しておけばFX投資が始められるのかは、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、どこのFX業者を利用したいかによって異なった金額となります。

必要とされる最低証拠金を100円と設定しているところもありますし予算に合わせて、5千円、1万円、5万円の所もあり様々です。

もう一つ、最小取引単位の数字も業者により違い、1000通貨にしているところもありますし10000通貨になっているところもありますが、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、FXの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくと大きな間違いはなさそうです。

FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。

たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、前もって定められた水準を超えた場合、有無を言わさずに強制的に決済されてしまうというFX会社で取引をを行う上での重要なルールです。

その強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、不足分の証拠金を追加で入金すると強制ロスカットが行われることを防ぐことができます。

そして、その強制ロスカットが行われるかどうかの基準になるのが証拠金維持率なのですが、FX業者が違えば証拠金維持率も異なるので気をつけてください。

システムトレードでFXに投資する時には、事前に許すことのできる損失額の上限と投資できる金額を定めておくことが大切です。

システムトレードのためのツールの中には、走らせておくだけで自動的に取引してくれるものもあるのでそういったツールを利用すれば、取引のための時間を短縮できますし精神的な緊張を和らげることができるかもしれません。

FXの口座開設に関して

デメリットになることはないのでしょうか?口座を開設しても開設費がかかるわけではありませんし、維持費の心配もないのでデメリットはないと言えます。

ですから、FXを始めようか迷っている方は取引を開始するかどうかは別にして、口座だけ試しに開設するのもいいのではないでしょうか。