読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operations de change de marge

FXについて書いています。

株式投資とは違い24時間いつで

株式投資とは違い24時間いつでも取引を行えるのはFX投資の数多いメリットの一つですが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。

取引高世界一のロンドン市場と世界金融を牛耳るアメリカのニューヨーク市場が開いている時間で、目安として日本時間では午後9時頃から午前2時頃までの間は為替相場が活発に動いており、取引がやりやすくなるようです。

相場が動くのはもちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDP政策金利といった経済指標の値が発表されることで相場に大きな変動が起こることもあり、これは要注意です。

ですから経済指標の発表がされるのはいつなのか知っておくのがセオリーです。

株式投資など他の投資でも同じことですがFX投資では、ロスカットとも呼ばれる損切りはとても大切です。

トレーダーとして投資を続けていて、絶対損しないということはあり得ずむしろ損失は必ず起こります。

損が出てしまうのは仕方がないとして、それをどれくらいに抑えられるかというのは先々、FX投資で利益を出し続けていけるのかという部分で大変重要なポイントとなることは間違いありません。

ダメージを最小限にするために、自分で損切りルールを決め、それは生命線と言ってもいい大事なルールですので必ず特例を作らず絶対に守るようにします。

FX投資を始めるにあたりどの位のお金がいるのかというと、業者に口座開設をする時か、もしくは取引をする時に最低証拠金を預ける必要があり、たくさんあるFX業者の中でどの業者を利用するかによって異なった金額となります。

その最低証拠金ですが業者によっては100円だったり5万円あるいは10万円という会社も稀ではありません。

そして最小取引単位についてですが、これも業者で違っており、1000通貨だったり高額の取引になる10000通貨の業者もあり、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、FXの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくと大きな危険を冒さなくて済みそうです。

主婦でありながら、FX投資で大金を得た人もいますが、主婦の中には、逆に大損により家庭崩壊した人も少なくありません。

FX投資の特徴として、レバレッジが使えるので、利益として大きなものが得られますが、反対に失うものも大きくなってしまうのです。

FX投資をする際に、夫に内緒にしたり、必要なお金までつぎ込まないように気を付けてください。

少なくレバレッジを設定して、良く考えながら、投資するのが賢明です。

FX投資を自分の勘だけで進めてもそう簡単には利益を出していけないので、最低限チャートの読み方は知っておくべきです。

操作性にすぐれた、扱いやすくて見やすいチャートソフトやアプリも多いですし、探して使ってみて、いつどのように売買を行うかを見極めるのがよいでしょう。

それに加え、チャートへの理解を深めるために分析方法のいろいろな戦略的テクニックについても、概ねを学んでおくのがおすすめです。