読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operations de change de marge

FXについて書いています。

投資というジャンルの中のひとつに、FXがあり、そ

投資というジャンルの中のひとつに、FXがあり、その中の大事なシステムに強制ロスカットというものがあります。

たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、それが許容されている基準を超えてしまうと、FX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。

一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはそれを知らせるために事前にマージンコールが発生し、口座に入金し、証拠金を追加することで強制ロスカットが行われることを防ぐことができます。

注意点としては、強制ロスカットの基準となる証拠金維持率というものはFX業者ごとに違うので留意してください。

FX投資を始めようとする際に金額はどれ程用意したらいいかというと、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、どこのFX業者を利用したいかによって違う金額になります。

具体的な必要最低証拠金を100円としている所もあったり5万円だったりもします。

さらに、最小取引単位についても業者によって違います。

1000通貨のところもありその10倍の10000通貨の業者もありまして、FXの経験がない、全くの初心者の場合は迷わず1000通貨単位にしておけばそう大きく間違うことはないでしょうからおすすめです。

FX投資の人気の理由の一つに24時間取引可能な点が挙げられますが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。

世界的規模で取引が活発なロンドン市場とニューヨーク市場が開いている時間、日本ではおよそ21時あたりから始まり午前2時頃まで続く時間に活発に為替が動いて取引が盛んになっているようです。

これとはまた別に相場が動く要因ですが、アメリカの雇用統計、各国GDP政策金利など経済指標の発表の影響で大きな為替相場の変動があったりするので、これは要注意です。

重要な経済指標の発表日は頭に入れておくと良いでしょう。

現在は、システムトレードを使ってFX投資する人が無視できない数になっているようです。

FX投資においては、買った外貨が前触れなしに大幅に安くなると驚いてしまい上手く損切りを実行できないケースがあります。

少しでも少ない損失で済ませたいとの感情が損切りするタイミングを逃させてしまうのです。

数十社ほどもあるFX業者のその大方はFX取引を仮想体験できる無料のデモトレードシステムを設けてありますので、これは必ず使用してみることです。

デモトレードは実際の取引と同様に行えますが、あくまでもデモなのでミスしても懐は痛みませんし、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。

手持ちの大事なお金をいきなり動かして本番のFX投資をスタートさせるのはあまりにも向こう見ずですから、取引のあらましを理解できるようになるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。