読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operations de change de marge

FXについて書いています。

さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立っ

さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、最低証拠金とか最低保証金と呼ばれるお金を業者に預けることになっていて、利用したいFX業者によって用意したい金額は変わってきます。

具体的な必要最低証拠金を100円としている所もあったり5万円だったりもします。

もう一つ、最小取引単位の数字も業者により違い、1000通貨にしているところもありますしその10倍の10000通貨の業者もありまして、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、FXの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくとリスクを低めに抑えられるでしょう。

一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。

巨大市場であるニューヨークとロンドンが開いている時間帯のことで、大まかですが日本時間にして21時〜午前2時頃は相場が動き取引が活況となりやすいです。

時間帯とは別に、経済指標の発表特にアメリカの雇用統計、各国のGDPなどの発表の後には大きな為替相場の変動があったりするので、気を付けておかなければなりません。

いくつかの経済指標発表の日程については知っておくべきでしょう。

外国為替証拠金取引の投資を開始する時には、外国為替証拠金取引口座をどこに開設するかで迷うことも無きにしもあらずです。

FX会社選びは、儲けを左右するほど肝心です。

一番に、取引にかかる料金が金額が低ければ低いほど 利益が増えます。

スプレッドが狭い、取引通貨が多い、約定力が高い、取引単位が小さい、操作性が良いなどもFX会社を選定する際のポイントとなります。

FXの口座を開設して、デメリットになることは無いといえるのでしょうか?口座を開設しても開設費がかかるわけではありませんし、維持費の心配も不要なのでデメリットは無いと考えます。

ですから、FXを始めようか迷っている方は取引するかどうかはひとまずおいて、口座だけ設けてみるのも悪くないかと思います。

FX投資による利益は課税対象ですから確定申告をしなければなりませんが、年間を通して利益を出せなかったならしなくてもよいです。

でも、FXによる投資を続けるなら利益が得られなかった場合でも確定申告をするのがお薦めです。

確定申告をすれば、損失を繰越した控除が使えるため最長で3年間、損益通算が可能です。