読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operations de change de marge

FXについて書いています。

さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立

さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、業者に口座開設をする時か、もしくは取引をする時に最低証拠金を預ける必要があり、FX業者をどこにするか選択次第で用意したい金額は変わってきます。

必要とされる最低証拠金を100円と設定しているところもありますし予算に合わせて、5千円、1万円、5万円の所もあり様々です。

もう一つ、最小取引単位の数字も業者により違い、1000通貨にしているところもありますし大きな額の取引になる10000通貨単位のところもあるのですが、FXの経験がない、全くの初心者の場合は迷わず1000通貨単位にしておけば大きな間違いはなさそうです。

FXに限らず他のいろいろな投資と同じく、大変重要になってくるのが損切りという手法です。

投資というのはその性質上、利益だけが積み上がって損はない、という状態は絶対にありません。

どうしても出てしまう損失ですがそれをどの程度に止めることができるかはトレイダーとして投資に向き合い続けられるかどうかというところで大切なポイントとなるはずです。

被る損失を大きくしないように、どこで損切りするのか決めておき、作ったそれはとても大切な命綱ですから破ったり無視したりしないようにしましょう。

FXで成果を得るためには、暴落のリスクを確実に考えのうちに入れておくことが重要です。

暴落はありえないような状況でも、石橋を叩くようにしてそのリスクを考えにおいたトレードをしてください。

FXに絶対という言葉はありえないので、万が一のことも予測しておくようにします。

例えば、ドルの場合は利益を出すことは難しいですが、その代わりにリスクも少なくなっています。

FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。

決済できずに含み損を抱えているポジションがあった場合、その割合があらかじめ定められているレベル以上になるとFX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。

しかし、この強制的な決済、すなわち強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発せられて教えてくれるので追加でFX口座に証拠金を入金することで強制的な決済を回避することも可能です。

この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。

FX取引を行うにあたって絶対にお付き合いが必要なFX業者ですが、ほぼすべての業者はデモトレードという、実際の取引と同じようにツールを操作して疑似取引できるシステムがあるはずですので、必ず一度は試用してみるべきです。

バーチャルトレードですからどう転んでもまったく損をするわけではないですし、その業者でFX取引に使用するツールそのものの扱い方を学べるのは大きいです。

性急に手持ち金を注ぎ込んで本番のFX投資をスタートさせるのはあまりにも向こう見ずですから、ツールを操作して売買のやり方を覚えられるようになるまでバーチャルの取引をデモトレードで繰り返すのがおすすめです。