読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operations de change de marge

FXについて書いています。

人気のFX投資ですが始めよう

人気のFX投資ですが始めようとするならまず、利用したいFX業者をよく見極めて、自分が投資できる額や投資法に適した会社をしっかり考えて選ぶべきでしょう。

どの業者を選ぶかは利益の大小に関わってきます。

なので、熟慮が必要です。

取引手数料に関しては無料の業者が殆どですが、その上でスプレッドが低く抑えられ、最低取引単位が小さいところだと準備資金が少なくて済むので初心者に向きます。

そして、実際の取引に使うツールの操作性などもどんな具合かを確かめるためにデモ取引などいろいろ試してみるのがいいようです。

FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。

たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、その割合があらかじめ定められているレベル以上になると保有しているポジションを強制的にFX業者側で決済されてしましまいます。

そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので口座に入金し、証拠金を追加することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。

強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのは利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。

FX投資によって得た利益は課税対象ですから確定申告が必要になるのですが、年間を通して利益を出せなかったケースではしなくても問題ありません。

でも、FX投資を続けようと考えているなら利益が出なかったケースでも確定申告をしておいた方がいいでしょう。

確定申告をしておくと、損失の繰越による控除が使えるため最長で3年間、損益通算が可能です。

他の金融取引とは違うFX投資の特徴の一つとして24時間取引できるというのがありますが、それでも24時間のうち相場が特に動きをみせる時間帯もあるのです。

取引高世界一のロンドン市場と世界金融を牛耳るアメリカのニューヨーク市場が開いている時間で、大まかですが日本時間にして21時〜午前2時頃は活発に為替が動いて取引が盛んになっているようです。

相場が動くのはもちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDP政策金利といった経済指標の値が発表されることで相場に大きな変動が起こることもあり、相当の注意を払っておくべきです。

少なくともいくつかの重要な経済指標が発表される日がいつなのか頭に入れておくと良いでしょう。

FX投資で大きな利益をあげた主婦も存在しますが、反対に大損してしまい、家庭崩壊した主婦も存在します。

FX投資では、レバレッジが使用できるので、利益が大きく出る反面、損失も大きく出てしまうのです。

夫に言わずに、FX投資をしたり、必要なお金までつぎ込まないように用心してください。

少なくレバレッジを設定して、慎重さを忘れずに、投資するのいいでしょう。