読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operations de change de marge

FXについて書いています。

FXに限らず他のいろいろな投資と同じく、損切りやロス

FXに限らず他のいろいろな投資と同じく、損切りロスカットともいわれる方法は大変重要視されています。

投資というのはその性質上、利益のみ受けられるわけはなく、損は必ず被ることになります。

損が出てしまうのは仕方がないとして、それをどれくらいに抑えられるかというのは投資の世界で長くやっていけるかどうかというところにおいてかなり重要なキーポイントとなってきます。

損を被った時にそこから傷を広げないよう、損切りをどこでするのか自分でルールを作っておき、それは生命線と言ってもいい大事なルールですので必ず厳守するよう徹底しましょう。

近頃では、システムトレードを使ってFX投資する人が増加しているようです。

FX投資においては、投資していた外貨が前触れなく大幅に下がると驚いてしまい上手く損切りを実行できないケースがあります。

なるべく少ない損失で乗り切りたいとの感情が損切りのタイミングを捉え損ねさせてしまうのです。

さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、業者に口座開設をする時か、もしくは取引をする時に最低証拠金を預ける必要があり、FX業者をどこにするか選択次第で金額は違ってくるわけです。

具体的な金額としては100円の業者があったり5万円あるいは10万円という会社も稀ではありません。

さらに、最小取引単位についても業者によって違います。

1000通貨のところもありその10倍の10000通貨の業者もありまして、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、FXの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくと大きな危険を冒さなくて済みそうです。

さてFXの運用で利益を出せた場合のことですがそれは課税対象となりますから、「知らずに脱税してしまった」などということのないよう気を配っておくことが大事です。

巧みなFX運用で大きな利益を得てもそれを申告せずに放置してしまい、税務調査が入ってしまい追加で税金を課された人もいるのです。

金額の目安は20万円以上と考えておけばいいでしょう。

それ以上の利益を出した場合には、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

FX投資をやり始める前に、所有通貨の数を設定しておくというのも大事です。

所有通貨量を前もって設定しておき、それより上のポジションは所持することのないようにして下さい。

こんなふうにすることで、勝ったとしても利益は低下しますが、損もしづらくなります。