読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operations de change de marge

FXについて書いています。

FXで勝つためには、暴落するかもというリス

FXで勝つためには、暴落するかもというリスクをしっかりと考えることが必要です。

暴落は、考えられないような状況でも、万が一のためにそのリスクを考えにおいたトレードをしてください。

FXに絶対という言葉はありえないので、万が一のことも想定するようにします。

たとえば、ドルの場合はリターンは小さくなりがちですが、その代わりリスクも小さなものとなっています。

FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。

増えすぎた含み損が、前もって定められた水準を超えた場合、FX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。

そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、マージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで強制的な決済を回避することも可能です。

強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのはFX業者が違えば証拠金維持率も異なるので覚えておく必要があります。

一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、それでも24時間のうち相場が特に動きをみせる時間帯もあるのです。

取引高世界一のロンドン市場と世界金融を牛耳るアメリカのニューヨーク市場が開いている時間で、目安として日本時間では午後9時頃から午前2時頃までの間はよく相場が動いて取引しやすくなります。

それから、経済指標の値も相場を動かす要因になり特にアメリカの雇用統計や各国GDP政策金利などが発表されると為替相場が大きく変動することがあり、注目しておかなければいけません。

少なくともいくつかの重要な経済指標が発表される日がいつなのか押さえておきましょう。

近頃では、システムトレードを利用してFX投資する人が少なからずいるようです。

外国為替証拠金取引では、買った外貨が前触れなしに大幅に安くなると驚いてしまい上手に損切りを行えないことがあります。

なるべく損失を少なく済ませたいという気持ちが損切りのタイミングを捉え損ねさせてしまうのです。

比較的気軽に始めやすいFX投資ですが、まずたくさんあるFX業者を注意深く比べて、自分の投資のやり方や投資額に合う会社を選択しなければなりません。

業者の選択によっては利益の出方も変わるかもしれませんので、熟考を重ねましょう。

FX業者は手数料が無料なのが普通になってきましたので、無料であることを確認しスプレッドが低く、最低取引単位が小さいところだと準備資金が少なくて済むので初心者に向きます。

それから頻繁に使うため、意外と重要視したい取引ツールも業者ごとに違ってきますのでデモを使ってみたりしてあれこれ知っておくとよいでしょう。