読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Operations de change de marge

FXについて書いています。

投資というジャンルの中のひとつに、FXがあり

投資というジャンルの中のひとつに、FXがあり、その中の大事なシステムに強制ロスカットというものがあります。

たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、前もって定められた水準を超えた場合、FX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。

その強制ロスカットが行われる前にはそれを知らせるために事前にマージンコールが発生し、不足分の証拠金を追加で入金すると強制的な決済を回避することも可能です。

強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのは利用するFX会社ごとに異なるので注意が必要です。

外国為替証拠金取引のための口座を開設する際に、手数料は必要となるのでしょうか?結論からいうと必要ありません。

FXのための口座を開設するだけであれば必要なお金はないので、手軽に、申し込みが可能です。

また、口座の維持費も普通は必要ありません。

口座に関する費用がいらないこともあり、少なくない数の人が複数のFX業者を利用するのでしょう。

FX投資にはいろいろな方法がありますが、その中でもその中でもサヤ取りという手段があります。

サヤ取りというのは、関連性のある二つの通貨ペアの値段が開いたタイミングを狙って、片方を売却し、片方を購入することで利益を得るという考え方です。

サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが要領が分からないうちはどちらもなかなか利益はでないと思われます。

何はともあれ、システムと注文の方法を押さえておくことが肝心です。

FXの投資を開始する前に、所有通貨の数を決めておくというのも不可欠です。

所有する通貨量を前もって設定しておき、それを超えるようなポジションは有することのないようにしてください。

こんなふうにしておくことで、勝ったとしても利益は減少しますが、損失も生み出しにくくなります。

さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、FX業者にまず口座を作りますが、その時かあるいは取引を行なう時に最低証拠金が必要になるので、利用したいFX業者によって異なった金額となります。

必要とされる最低証拠金を100円と設定しているところもありますし5万円あるいは10万円という会社も稀ではありません。

そしてまた、取引可能な最小通貨単位も業者で異なり1000通貨で設定のところもあったりその10倍の10000通貨の業者もありまして、FX投資が初めての方は1000通貨単位での取引可能なところにしておくとリスクを小さくできるかもしれません。